昭和女子大学キャリアカレッジ 「跡取り娘人材育成コース」に登壇します

 ソーシャルキャピタルマネジメント代表の小林は、昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子さま、東京都世田谷区)が社会人女性の活躍支援策の一環として、10月から新設される女性事業継承者育成プログラム「”跡取り娘”人材育成コース」に、ファミリービジネスアドバイザーとして登壇することになりました。

 昭和女子大学キャリアカレッジ(学院長:熊平美香さま)は、「働く女性のためのビジネススクール」として2014年度に創設しました。「''跡取り娘''人材育成コース」は、中小企業を担う女性経営者を育成、人材や資金面から総合的に支援しようという取り組みです。

 家業を継ぐ女性や、事業改革を目指す女性経営者などを対象に、組織のマネジメントに必要なリーダーシップやAI時代への対応策などを、ビジネス界で活躍している経営者たちから学びます。実際に''跡取り娘''として家業を継いで発展させているロールモデルも講師に加わり、自らの苦労や困難とそれらをどう乗り越えたのか、体験からの学びを伝授します。

 ''跡取り娘''の人材育成が、7.8%という社長に占める女性比率を増やすだけでなく、中小企業の後継者難の解消にもつながるよう目指します。

 小林は、このうち「ファミリービジネスの心得」「事業継承における人材育成と組織マネジメント」の2コマを担当いたします。

プログラム詳細はこちらをご参照ください。