190305 名古屋にて事業承継・M&Aセミナーを開催しました

2019年3月5日、名古屋の東京海上日動ビルセミナールームにて、

「その会社、継ぎますか?売りますか? 大廃業時代に考える事業承継とM&A戦略」

というテーマで、オープンセミナーを開催しました。


セミナーのパートナーは、アトツギ息子として、企業再生を成し遂げた野見山勇大さん。セイワ工業という三重の溶接会社の代表取締役を務めています。

会社を殺さないための事業承継の教科書」という書籍を出版されています。

この日は、彼が後継者の立場から事業承継のリアルな現場からの苦闘、アトツギとしての思いなどを赤裸々に話していただきました。

私からは、野見山氏の話をファミリービジネスを考える上での基本でもある「スリーサークルモデル」を援用しつつ解説したうえで、第三者承継のM&Aについてお話させていただきました。


事業承継の専門家、企業経営者に対して金融サービスを提供される銀行、証券、保険などの方々にもいらしていただきました。

【参加された方のコメント】

・野見山さんのリアルな事業承継体験談と小林さんのまっとうなアドバイザーのあり方についての見識が勉強になった。

・会社売却って、うまく行っていないケースもよく目にします。金融機関の立場ではなく、売却を検討されるオーナーさんの立場に立っての解決策を提示しないといけないなと改めて感じました。




※今回のセミナーは、2018年12月に事業承継学会にて発表した「幸せになるM&Aの条件5か条」をベースにした内容でお話いたしました。講演等のニーズがあればご相談ください。