190603 ㈱バーテックさまにてSDGs勉強会に登壇しました

2019年6月3日(月)、大阪の業務用ブラシメーカー、㈱バーテックさまにて開催された「SDGs勉強会」にファシリテーターとして登壇しました。

㈱バーテックは業務用ブラシメーカーとして創業76年に及ぶ老舗企業で、現在の末松仁彦社長が3代目にあたります。同社では、昨年9月に「SDGsを軸にした経営ビジョンの再構築」というテーマにて社員合宿を行い、社員全員での真剣な討議の結果、「働く人々を笑顔にし、よりよい環境を未来につなげる!」という新ビジョンを掲げて業務に邁進しています。

同社のブラシは、食品産業用ブラシで異物混入防止や防虫・防塵対策に多く使われており、殺虫剤などの薬剤を使わずに済むことから、食の安全や生物多様性にも貢献するものです。

また、社員の働き甲斐を高める企業経営や健康経営などを推進しています。その意味で、SDGsの多くのゴール(特にゴール8、12、14、15、17)に、本業を通じて向き合っています。

当社は、その際ファシリテーターを務めさせていただいたご縁で、今日の第2回の開催に呼んでいただきました。

今日は関係先の方々をお招きしての協働勉強会。SDGsの17番目のゴールでもある、「パートナーでの推進」を行ううえで、お客さま等ステークホルダーと共通の理解をもって協働していきたい、との末松社長の強い思いをもって開催されたものです。

社員と関係先企業さまとの関係もよく、またゲーム後のグループディスカッションも全員が積極的に参加してくださり、大変内容の濃いものになりました。

バーテックでは、経営理念・ビジョンを再構築して、未来志向でのビジョンにしていくにあたり、SDGsの考え方を前面に取り入れたものにしています。
SDGsカードゲームの実践は、その入り口で社員全員にSDGsの世界観を理解していただくうえで効果を上げているものと思います。